誰でも出来る読書時間の作り方

仕事、家事、育児に追われ忙しくて読書の時間がないと思っていませんか?

厳しいことを言うようですがそれは読書の時間がないのではなくうまく時間を作れていないだけなのかもしれません。

今回は誰でもできる読書時間を作る方法をご紹介していこうと思います。

誰でもできる読書時間の作り方

  • 隙間時間に読書する
  • 1日を振り返り読書する時間を作る
  • 電子書籍ではなく紙の本で読書する

隙間時間に読書する

  • 待ち時間
  • 会社での休み時間

どんなに忙しい人でもこういった隙間時間はあると思います。

僕も隙間時間にずっとスマホで漫画やゲームアプリをしていて無駄な時間を過ごしていたのですが、読書を習慣にすることで自分にとって必要な時間を使えるようになり読書の時間を作ることができました。

例えば空港での待ち時間や昼食を終えた後の休み時間は手が空くと思います。こういった隙間時間は読書をすると決めます。

隙間時間に読書をすると最後まで読みきれなくなることもあると思うのでそれはそれで続きが気になり読書したくなるかもしれません。

隙間時間を活用し読書をしましょう。

一日を振り返り読書する時間を作る

あなたは一日を振り返ったときどうしているでしょうか?

  • テレビを見ている
  • アプリゲームをしている
  • youtubeを見ている

読書の時間を作れていない人は上記のように仕事から家に帰ってきたあと過ごしているのかもしれません。

一気にスマホを一切触らないと決めると長期的に考えて我慢していることがストレスになると思うので自分で1日を振り返り少しずつ読書の時間を作りましょう。

例えばいつもは一時間ゲームをやっていたけど今日は30分だけして残りの30分読書をすると決めてみるのもいいのかもしれません。

1日を振り返り少しずつ読書する時間を増やしていきましょう。

電子書籍ではなく紙の本で読書する

電子書籍で読んでいると読んでいる本に飽きたら他のことをやってしまいがちになるので紙の本を読むようにしましょう。

紙の本で読むことで誘惑になるものがなくなり読書の時間を作ることができるようになるでしょう。

例えば電子書籍で読んでいると通知が気になったりして他のことに手を出したくなりますよね。でも紙の本だったらそういったことはないですよね。

ですから電子書籍ではなく紙の本を読むようにしましょう。

この記事を最後まで読んでくださりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました