モチベゼロでもできる読書習慣手に入れる6つ方法

この記事はこんな方におすすめ!

  • 活字を読むのが苦手で本を読むこと自体がめんどくさい
  • 読書を習慣にしたいとは思っているけどできない

この記事を読むメリット

  • 本を読むのが苦手な人でも読書が習慣にできるようになる
  • モチベに頼らなくても自然と毎日本を読むことができるようになる

一冊の本を読むのが苦手な人でも読書を習慣にする

  • 全部読もうとせず1ページだけ読む
  • 自分の悩み事を明確にして読書する
  • 本のタイトルを見てメリットのある本を選ぶ
  • 一気に理解は無理本の一部を理解する気持ちで本を読む
  • 活字を読むのが苦手な方は漫画、図解で書いている本を読むのもあり
  • 自分の楽しいと思える本を読む

全部読もとせず1ページだけ読む

読書するまえてにとった本を全部読もうとしていませんか?

読書が苦手な方はそもそも文字を読んでいくことじたいが苦手で読む気力を失っていると思います。

そう思う方はこの1ページだけは読むと決めてください。

例えば分厚い本を手にとったときそれを全部読まなきゃと思うと読む前から本を読みたくありませんよね。でもこの本のこの1ページだけ読むだったら本を読むこと自体が気楽になりますよね。

本の1ページだけ読んでみて続きが気になりそのまま本を読み進めてくことができるかもしれません。

読書を習慣にできないかたは自分のペースで本を読むようにしましょう。

自分の悩みごとを明確にして本を選ぶ

  • 何をしても挫折してしまうから継続力を高めたい
  • 自分のやりたいことが見つからない
  • すぐ目の前の誘惑に負けてしまうから自制心を鍛えたい
  • メンタルが弱いからメンタル強化したい
  • コミュ障だから人と話せるようになりたい
  • 話を伝えるのが苦手だからうまく伝えられるようになりたい
  • 内容を鵜呑みにせず自分の頭で考えるようになりたい

上記の中から自分の悩みごとをあてはまる内容を選んで自分の悩みごとを明確にします。

自分の悩みごとの手助けになるのならモチベややる気に頼らなくても読書するようになります。

本のタイトルをみて自分のメリットのある本を選ぶ

人間はメリットがなければほとんど人は行動しません。

本を読んでも自分にとって利益がなければ本を読まないでしょうでもこの本を読んだことでマインド、行動が変化するとわかれば読書が習慣になるでしょう。

あなたも本を読む前に本をタイトルをみて自分にメリットがあるか確認し難しく考えず直観で良いのでその内容からえられるものに目を向け本を選びましょう。

一気に理解しようせず本の内容を一部を理解する気持ちで読む

本を開いたときこの本の内容を全部一気に理解するぞと決めたら本を読んでいた途中で「ああもう自分にはこの本の内容なんて理解できない」「もう読書なんてやめだ」自分を追い込みすぎていることから

読書を習慣にできていないかもしれません。

そうではなく本の内容の一部を理解する気持ちで難しく考えず読んでみてください。

文字を読んでいくのが苦手な方は漫画書いている本もあり

読書が苦手な方は活字を読むのが苦手な方が多くいると思います。

そういった方達におすすめするのは漫画、図解で書いてある本です。

漫画なら文字だけじゃなくイラストも書いてあるのでいいと思います。

自分楽しいと思える本を読む

最終的には自分の楽しいと思える本を読むようするといいと思います。

自分の楽しくない本をいやいや読むと長続きしませんよね。

読むきっかけなんてなんでもいいんです。

表紙の女性が可愛いから、自分を変えたいから正直なんでもいいんです。

あなたが楽しい読書をできれば。

読書を習慣を手に入れる情報をださせてあなたが読書を楽しく習慣にするのがモットーなんでぜひ自分の楽しいと思える本を読んでみてください。

それでもなんの本を読んでいいかわからないって方は読書習慣のない方におすすめの本紹介しておきます。

あなたがこれは自分のためになりそうだな、面白そうだなと思える本があればぜひ読んでみてください。

読書習慣のない方におすすめの本

読書習慣のない方に向けておすすめの本を1冊紹介しておきます。

まず一冊目は、知識を操る超読書術です。

この本は、速読、多読、選書は全て否定。それよりもいかに読書する前の準備をして効率よく本を読み進めていくか読んだ本でも理解力がなければ読んだ本の内容をそのままにしていては理解したとは言えませんどうしたら理解力、記憶力を高めることができるのか書かれている本です。

ぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ本

この記事を最後まで読んでくださりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました